歌詞

ひとつだけ

JUDY AND MARY

作詞
Tack/Yukky
作曲
TAKUYA

オペラグラスで見た 記憶のかけら やけに幼く可愛い

ほろ苦い想い出は姿を変えて いつもあたしにやさしい


手のひらで確かめるの 予感を抱きしめて 風にキスして


夕焼けは夏の始まり スカートに咲くひまわり

雨に打たれて花びら染めて まばゆい光集めて


さよならは言わないでね 願いはひとつだけ

夏を待ってる


あたしがもし咲いたら 君の手で照らして

あたしがもし泣いたら 君の唄で空を青くさせて


空には今でも ひとつだけ

いつでも全てが 恋しくて

ゆれるわ ゆれるわ


ブルースと月が 星を連れてく あたしの中のきらめき

愛を注いで枯れることなく 指切りをした 約束


揺れそうなの 離さないで

あたしを確かめて 風の向こうに

夏が待ってる


あたしがもし咲いたら 君の手で照らして

あたしがもし泣いたら 君の唄で空を高くさせて


Oh 空には今でも ひとつだけ

いつでも全ては やさしくて

今でも見えるよ ひとつだけ

ゆれるわ ゆれるわ ゆれるわ

提供: うたまっぷ