歌詞

青春

THE HIGH-LOWS

作詞
真島昌利
作曲
真島昌利

冬におぼえた歌を忘れた

ストーブの中 残った石油

ツララのように尖って光る

やがて溶けてく 激情のカス

音楽室のピアノでブギー

ジェリー・リー スタイル

骨身をさらけ出したその後で

散文的に笑う


渡り廊下で先輩殴る

身に降る火の粉払っただけだ

下校の時にボコボコになる

6対1じゃ袋叩きだ

鼻血出ちゃったし あちこち痛い

口の中も切れた

リバウンドを取りに行くあの娘が

高く飛んでる時に


心のないやさしさは

敗北に似てる

混沌と混乱と狂熱が

俺と一緒に行く


校庭の隅 ヒメリンゴの実

もぎって齧る ひどく酸っぱい

夏の匂いと君の匂いが

まじりあったらドキドキするぜ

時間が本当に もう本当に

止まればいいのにな

二人だけで 青空のベンチで

最高潮の時に

提供: うたまっぷ