歌詞

IN THE WIND

V6

作詞
小幡英之
作曲
佐藤竹善

ビルの隙間を貫く風が

微熱を帯びた頬を冷ました


繰り返してる君へのメロディー

四角い空の碧さに滲む


全てが崩れそうに刻む街のrhythmも

見据えた視線を 惑わすことはない


言葉だけじゃ足りない

溢れていく想いは

加速して風を切り その強さ確かめてる


いつも見慣れた日々のシーンに

愛しさ満たすそれでいいのに


思い通りにいかない道を

照らす光を君は欲しがる


うまくやる術など持たないままでもいい

いつもの鞄に 勇気だけ詰め込んで


迷う時はいつでも

心自由に吹かれ

それぞれの抱く涙 持ち寄って笑い合える


夢のように僕達は

走り続けていくだろう

向かい風プラスに変え 失敗を味方に付け


答えなどない旅でも


言葉だけじゃ足りない

溢れていく想いは

雑踏引き裂いて 君の胸叩けばいい


夢のように僕達を

運んでくれる翼は

この街の何処かにも 眠ってる

僕らの未来を優しく包んで


醒めない 夢のように

提供: うたまっぷ