歌詞

キズナ

織田哲郎

作詞
織田哲郎
作曲
織田哲郎

青い季節もう通り過ぎたあと

いきがっていた夢も

不器用な涙も 風に流れて


遠い夏の日の僕らはいつも

見知らぬ空へと

虹を渡る時を夢見ていた


絶え間なく流れる時よ

すべて幻だよと囁くけど


もう一度信じてみたいんだ 色褪せないものだってあると

確かなキズナひとつあれば それだけで僕は生きてゆける


もっと違う何か 手にした時には

安らぎ見つかると

すりかえながら ただこぼれてゆく


あこがれは深い群青に

哀しみはいつしか琥珀色に


いつの日か誇りにしたいんだ バカみたいな足跡もみんな

確かなキズナひとつあれば 間違いじゃないってやっと歩き出せる


もう一度信じてみたいんだ 色褪せないものだってあると

確かなキズナひとつあれば それだけで僕は生きてゆける


いつの日か誇りにしたいんだ バカみたいな足跡もみんな

確かなキズナひとつあれば 間違いじゃないってやっと歩き出せる

歩き出せる

提供: うたまっぷ