歌詞

FRAGILE

川本真琴

作詞
川本″L.A.″真琴
作曲
磯野栄太郎

朝がぼくたちに降りそそぐ

別々の影に戻る

oh fragile すきとおった道


息をしてるそれだけで

いろんな気持ち奏でた

oh fragile いさかいやそしりも


壊れたかけらで指を切る

つないだ手と手の弱さを知る 子供みたいに


そっと唄う どんな口唇からも

そっとふれる どんな温もりからも

こぼれおちるように


fragile 今この場所から

真っ直ぐ歩くことに ぼくはとまどってる

fragile 今風に吹かれ

広いトラックで ぼくはよろめいてる


いつか死んでしまうクセして

何でこんなふれたりしたい

oh fragile 会うたんびそう思う 違う


新しいスーツにこぼれた

煙草の灰より軽い

oh fragile なくしたものに××××


救いや啓示を見落としながら

醜くい 美しい いろんなことが 残ってる


そっと唄う どんな口唇からも

そっとふれる どんな温もりからも

こぼれおちるように


fragile 今この場所から

真っ直ぐ歩くことにぼくは とまどってる

fragile 今風に吹かれ

広いトラックでぼくは よろめいてる fragile


anytime time


パレードのような人混み

誰かのハンドクラップ ずっと聴いてる

どんな口唇からも そっと

どんな温もりからも こぼれおちるように

おちるように こぼれおちるように


fragile 今この場所から

真っ直ぐ歩くことにぼくは とまどってる

fragile 今風に吹かれ

広いトラックでぼくは よろめいてる

提供: うたまっぷ