歌詞

忘却の空

SADS

作詞
清春
作曲
清春

乾いた風に吹かれ 独りきり歩いてる

忘却の空へたどり着けるまで


灰色で綺麗だった 想いを探してる

足跡消せないから いらだち重ねたけど

空白で素敵だった 想いを探してる

僕だけのRHAPSODYが 手がかりで


いつも「繰り返しただけ」と塞いでいた

氷が溶けきった後のSTORY 胸に抱いている


だからVELVETの空の下 歌う声は聞こえてる

デタラメのDOWNERかわしてる 僕の声が聞こえてる


冷たい雨が降れば 煙草に火をつけて

少しだけ平気な様子でいよう


生き急いでいたいけれど 忘れてない

虜になった時 決めたSTORY 今日も抱いている


だからVELVETの空の下 歌う声は聞こえてる

デタラメのDOWNERかわしてる 僕の声が聞こえてる

から回るVELVETの空で きっと声は聞こえてる

鮮やかで悲しいこの空で 僕の声が聞こえているから


誰かはあきらめることが楽と言った

「正反対さ」と心で思った

いつも「繰り返しただけ」と迷ったけど

未完成だとしてもいいSTORY 胸に抱いている


だからVELVETの空の下 歌う声は聞こえてる

デタラメのDOWNERかわしてる 僕の声が聞こえてる

から回るVELVETの空で きっと声は聞こえてる

柔らかで悲しいこの空で 僕の声が聞こえているから


I BELIEVE ME, I TRUST ME, I BELIEVE MY LIFE


乾いた風に吹かれ 独りきり歩いてる

忘却の空へたどり着けるまで

提供: うたまっぷ