歌詞

闇に降る雨

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎

余りの暑さに目を醒ましさっき迄見ていた夢の中

東西線はあたしを乗せても新宿に降ろしてくれなくて


辿り着けない

此処に欲しい腕や髪や首筋

貴方の嫌う生温い雨に濡らされてゆく


貴方に降り注ぐものが譬え 雨だろうが運命だろうが

許すことなど出来る訳ない

此の手で必ず守る

側に置いていて


天気予報が外れてばかりの毎日が見させた嘘の闇

高揚も時めきも溜め息も消耗しやがて失くなりそうで


招きたくない

空々しい土の香や向日葵の

すぐにも迎う馨(かぐわ)しい絵画と化する日など


貴方を知り尽くすことが譬え 可能だろうが不可能だろうが

満たされる日が来る筈もない

身体が生きている限り

側に置いていて


貴方に身を委すことが譬え 危険だろうが安全だろうが

留め金などが在る筈もない

全て惜しみなく挙げる

貴方に降り注ぐものが譬え 雨だろうが運命だろうが

許すことなど出来る訳ない

此の手で必ず守る

側に側に置いていて

提供: うたまっぷ