歌詞

理想の舌

PENICILLIN

作詞
HAKUEI
作曲
PENICILLIN

何度も深く 棘が刺さり 君は泣いていた

脈打つ傷は 僕好みの 理想の花びら


甘い香り 甘い汗 そっとなぞる


君だけの舌触り それだけがリアル

本能が支配する 獣の僕をあげよう


プライド 恋愛 疲れすぎた 歪んだ現実

演技をやめて 抱きしめたら 理想の摩擦が


僕を包み 揺れるモザイク もっと強く


絡みつく体温は 究極のリアル

やわらかな裏側で 混ざり合う遺伝子達


感じているよ 運命と生命を


隔離された 暗い部屋で

膨強した 舌と舌が

暴走した 愛の為に

敏感に もつれ合う


君だけの舌触り 僕だけのリアル

本能で抱き合えば よみがえる獣の夢

毒の愛 蜜の味 真実の覚醒

肌色のライオンに 殺された僕のモラル

理想の僕をあげよう

提供: うたまっぷ