歌詞

Stairway

Bluem of Youth

作詞
Bluem of Youth
作曲
Bluem of Youth

今誰もいない夜空を見上げた冬の日

-5°の溜め息震えるこの夢

そっと溢れてくる会いたい君への想いは

この扉をゆくとも変わらないものだ

それでも…


この胸を叩く夢ならば消えないように

雨の日も風の日も信じ続ける君との

Stairway

立ち止まりながら時には間違いながら

離れても きっといつかは

君だけを迎えにゆくよ


今僕の前に永遠と広がる恐怖は

心の弱さという幻と知った

それでも


悲しい雨がこの手に降りそそぐなら

薄れゆく君の温もり凍えないように抱いて

あの日の笑顔でいたい いつでも

そして明日へ 涙さえ超えてゆくのさ

君だけを守るために


この胸を叩く夢ならば消えないように

雨の日も風の日も信じ続ける君との

Stairway

立ち止まりながら時には間違いながら

離れても きっといつかは

君だけを迎えにゆくよ

提供: うたまっぷ