歌詞

微熱

川本真琴

作詞
川本真琴
作曲
川本真琴

じれったい口唇噛むと 大人みたいに嘘つく

なんにもふれず 数えず 街がざわめくまで星を見てるの?


裸で広い宇宙に いつも君と浮かんでる

なにも育てず 傷つく まるでそれで1コの生き物のように


聞こえる? 感じてる? 五感閉じて知って

抱きしめると世界に弾かれそう


つないでいて


37度2分の発熱

たった ぽっちの生命さわってよ

君の鼓動にとけない微熱


別々の物語を今日も生きてくの?


生まれる時天使が 消した記憶を見つけた

ずっと口ずさみ続ける愛の歌のような 雪を聴いている


真っ白な東京見てみたい いつか2人話したっけ

寒い夜だね キスして 君の掬うもので満たされたい


すれ違う誰よりも君を愛している

あたしたちを変えてく他人をboom!


撃ち抜いて


こぼれ落ちる強い発熱

1000000回目の太陽 昇っても

哀しい 哀しいね とけない微熱


からまったまんまでひとりぼっちだって教えるの?


新しい季節を待つちっちゃな翼みたい

あたしたちを待ってる運命をboom!


撃ち抜いて


こぼれ落ちる強い発熱

1000000回目の太陽 昇っても

哀しい 哀しいね とけない微熱


37度2分の発熱

たった ぽっちの生命さわってよ

君の鼓動にとけない微熱


別々の物語を今日も生きてくの?

提供: うたまっぷ