歌詞

SOULS

bird

作詞
bird
作曲
Shinichi Osawa

太陽は夕日のベールに

一度だけ瞬間だけ包み込まれてゆく

魅惑 でもその瞳に

感じることを忘れた笑顔が浮かんでく


太陽は知らないまま

ほほに雨降らすことを

裸の気持ちで感じ取れることを

たとえ目の世界に映らなくても


熱く秘めた音に

愛のしずく達を静かに吹き込んで生み出す

蒼のように深く


鳥達は誰が今日の朝を

呼ぶことが出来るのかを互いに競い合う

名誉と今朝一番の

とびっきりの歌声と共に朝は始まる


それは愛だったり

優しい風だったり

裸の気持ちで感じ取れるから

たとえ目の世界に映らなくても


熱く秘めた音に

愛のしずく達を静かに吹き込んで生み出す

手にふれるよりおもく


ほほえむ導きの女神が

あなたの想い達に

さしだす灯しびの指先で

永遠の闇から救うよ


空の始まりはどこに隠れてるの

私を失くした同じ場所で


それは愛だったり

優しい風だったり

裸の気持ちで感じ取れるから

たとえ目の世界に映らなくても


熱く秘めた音に

愛のしずく達を静かに吹き込んで生み出す

手にふれるよりおもく


ほほえむ導きの女神が

あなたの想い達に

さしだす灯しびの指先で

永遠の闇から救うよ


熱く秘めた音に

愛のしずく達を静かに吹き込んで生み出す

手にふれるよりおもく


ほほえむ導きの女神が

あなたの想い達に

さしだす灯しびの指先で

永遠の闇から救うよ

提供: うたまっぷ