歌詞

Passage

山崎まさよし

作詞
YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲
YAMAZAKI MASAYOSHI

あこがれの場所までまだ遠く

長くわだちが続いてる

ときおり吹く砂まじりの風に

細い影が揺さぶられる


あの日の友の呼び声が

聞こえては消えてゆく


遠い昔に交わした約束を

心の隅に置いたまま

過ぎて行くありふれた日常の

ささいなことを気にしている


振り返って目をこらしても

ここからは遠すぎて


流れてく雲の 途切れた先に

ずっと消えず あの星があるなら

その果てに夢を見続けること

僕はまだ出来るだろうか


錆びついて誰も乗ることのない

車の横を通り過ぎる


いくつかの叶わぬ願いが

ぼんやりとなびいてる


いつかどこかで 僕が疲れ果てて

一人立ち尽くしてしまった時に

何に思いをゆだねればいいのか

今は分からないけど


流れてく雲が 途切れた先に

ずっと消えずあの星はあるから

その果てに夢を描き続けて

僕はまた歩き始める

提供: うたまっぷ