歌詞

Jealousy

相川七瀬

作詞
相川七瀬
作曲
織田哲郎

霧の中揺れるフォグライト 居心地の悪いサイドシート

ペディキュアの爪に落ちた 夜だけが知ってる涙

二人の影にひそんだ 誰かの香り感じながら

私は気付かないフリで 窓に広がる闇眺めてた


心はいつも色を変えてく

同じ輝き二度と見せる事なく


出口の見えない恋は ほんの少しずつ

この胸の奥深く赤く焦がしてゆく

冷たいシャワーを浴びても 心はずっと

かすかな眩暈のようにくすぶり続ける


Jealousy 腹立たしい Jealousy 消せなくて


キッスの仕方一つでも 本音が見え隠れするね

果てしない沈黙の向こう あなたの弱さを知ったの

もっと理不尽な言い訳で 最後までだましてよ

愛してるなんて言わないで それはやさしさじゃないから


黒い予感が胸にひろがる

この手を離して涙あふれる前に


思い出今も甘く心縛りつける

抜けないトゲのようにただ痛み続ける

抱きあえば昨日も明日もとけてしまう

光も射さない海の底沈んでゆく


Jealousy 淋しさを Jealousy 消せなくて


出口の見えない恋は ほんの少しずつ

この胸の奥深く赤く焦がしてゆく

冷たいシャワーを浴びても 心はずっと

かすかな眩暈のようにくすぶり続ける


思い出今も甘く心縛りつける

抜けないトゲのようにただ痛み続ける

抱きあえば昨日も明日もとけてしまう

光も射さない海の底沈んでゆく


Jealousy 淋しさを Jealousy 消せなくて


Jealousy もう二度と Jealousy 追いかけない

提供: うたまっぷ