歌詞

Viva la revolution

Dragon Ash

作詞
KENJI FURUYA
作曲
KENJI FURUYA

僕達はこの時代に生まれた意味知るすべ持たずに

過ぎ去る時間など気にせずにひとねむり四角い空の下でいつもどうり

太陽は窓の外をあざやかに照らしまた新しい一日もたらし

脱ぎっぱなしの靴はいたところで空飛べるはずもないし

はるか遠くの地では残酷な日々が続くのにこんな僕達

ちっぽけな壁を目の前に立ちすくんでるような

海のむこうの空赤く染まる頃こんな僕達

ちっぽけな壁なんざ ぶちこわして次のこと始めよう さあ


そう あの頃なら遠く見えた鳥の場所へ届きそうで

今は体流れるこの気高く赤い血を燃やして


勇気を持ってかかげた誓い 鼻で笑うように流れる世界

駆け抜けよう共にこんな時代 塗り替えるのは僕達の世代

そう一人暗い部屋でうずくまったまま 何もせずにそれじゃ臆病なまま

時間が解決するって言ってそのまま 見て見ぬふりしてるならこのまま

ここに立ってる意義がほしかった だから僕達必死で戦った

勝ちとった 小さなプライドポケットにつめ込んで

またここに立ってみる すこし誇らしげな顔の自分がいる

満面の笑みを浮かべているキミ達がすぐ目の前に見える


さあ 目指す先へ光が差し雲がちぎれ見えたならば

耐えきれないほどの数の痛み胸に抱きよせて


しがらみなく過ごした少年時代の絶え間なく響く笑い声も

無責任に描いた夢も過去の話今じゃもう

鳴りやまない頭痛のたねは増え膨らみ出す時間の波におびえ

逃げ場探す暇さえなく刻一刻と刻む流れにゆられ

それでも僕をそっとつつみ込むキミのぬくもりずっと

続くのに届くのに僕は止まったきりで何もせずに

それじゃ始まらないねむりの中に救いはない

だから僕は自分の意志で歩く 不思議と今は戸惑うことなく


そう あの頃なら遠く見えた鳥の場所へ届きそうで

今は体流れるこの気高く赤い血を燃やして


時には冷たい風強く吹きつけていても

外には悲しい雨ふり続いているとしても

優しい鳥の声がほら目ざめを誘っている

僕らは動き出してまた何か始めるでしょう

提供: うたまっぷ