歌詞

忘れえぬ君へ・・・

TOKIO

作詞
清水昭男/岡部真理子
作曲
清水昭男

目を潤ませてる君に もう何も言えなくて

ドアが静かに閉まる音が 胸に突き刺さる


そう遅かったね 君の寂しさに背を向けて

僕は 側にある優しさに 慣れ過ぎてたんだ


傷つけ合わずに 愛したりできない

だけど君の涙ぐらい 守れたはず

できることならば なにもかもを捨てて

すぐに 君を抱きしめにいきたいよ


今何を想い 何をして暮らしているんだろう?

2人歩いた街に今日も 同じ風が吹く


言葉にできない あふれだす気持ちを

強く手を握りしめて 伝えてたね

理屈じゃなかった 純粋に愛したよ

だけど 見えない何かに負けたんだ


(I don't know why)


そのぬくもり 痛みさえも 今すべてが恋しくて


傷つけ合わずに 愛したりできない

だけど君の涙ぐらい 守れたはず

命が果てても 忘れないよ君を

僕が僕であるための意味だった


もうちがう道を あの日歩き出していたんだね

僕の左肩にもたれる 幻よ眠れ…

提供: うたまっぷ