歌詞

フロンティア

中谷美紀

作詞
中谷美紀
作曲
坂本龍一

いつか夢に見たような

ガラスの街心に抱く

今にも壊れそうな明日を願う時


そこに手を差し延べると

君もあの色に染まる


誰にも言えなかった

ガラスの形変えたと


右腕に刻んだ君の道標が

足もとを危うく導く


そこに駆け出す速さで

ひとつ救いたかったよ


君の手のひら命がこぼれてゆく

嘘も涙も同じ色になる

眩しいほどに哀しみ覚えて

君が残した秘密が香る


そこに手を差し延べると

君もあの色に染まる


君が選んだ時計を進めて

自由で満たすガラスの杯

青に交わる命の泉を

孤独な太陽枯れるまで照らす

君の手のひら命がこぼれてゆく


嘘も涙も同じ色になる

眩しいほどに哀しみ覚えて

君の後に秘密が香る


そこに手を差し延べると

君もあの色に染まる

提供: うたまっぷ