歌詞

Hungry Spider

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

今日も腹を減らして一匹の蜘が

八つの青い葉に糸をかける

ある朝 露に光る巣を見つけ

きれいと笑ったあの子のため

やっかいな相手を好きになった

彼はその巣で獲物を捕まえる

例えば空を美しく飛ぶ

あの子のような蝶を捕まえる


朝露が乾いた細い網に

ぼんやりしてあの子が

捕まってしまわぬように


I'm a hungry spider

You're a beautiful butterfly

叶わないとこの恋を捨てるなら

この巣にかかる愛だけを食べて

あの子を逃がすと誓おう


今日も腹を減らして一匹の蜘が

八つの青い葉に糸をかけた

その夜 月に光る巣になにか

もがく様な陰を見つけた

やっかいなものが巣にかかった

星の様な粉をまくその羽根

おびえないように闇を纏わせた

夜に礼も言わず駆け寄る


今すぐ助けると言うより先に

震えた声であの子が

"助けて"と繰り返す


I'm a hungry spider

You're a beautiful butterfly

叶わないならこの恋を捨てて

罠にかかるすべてを食べれば

傷つかないのだろうか


何も言わず逃げるように

飛び去る姿さえ美しいなら

今死んで永遠にしようか


I'm a hungry spider

You're a beautiful butterfly

叶わないとこの恋を捨てるより

この巣にかかる愛だけを食べて

あの子を逃がした

提供: うたまっぷ