歌詞

Let yourself go,Let myself go

Dragon Ash

作詞
KENJI FURUYA
作曲
KENJI FURUYA

(RAP:)

そう目覚めの悪い朝から始まる 静まる空気を呼び覚まし

染まる太陽に少し目を逸らし止まる がなる友達の声が聞こえてくる

東へ西へ日々は流れ それぞれに何か表現し続け

頬を撫でる風は涼しげ 何気に何かをつかみかけてる今

正念場で場つなぎの笑顔 ふりまくたびに感じる敗北感

歓喜の中へ飛び込む時 脳裏を横切るのはそう責任感

止まることが許されぬ今 生き急ぐことを選んだ過去

がんじがらめの生活の中 後押しするキミ達の声が響く


空気を吸って 未来へと進め

キミ達の声が響く限り 箱船は揺れ続けていく

(RAP:)

行くあても無く漂うのではなく 見据えた夢目指して舵をとる

かすかでも確実に前進 大切なのは前に出る姿勢

恐れからくる一歩の遅れ それがもたらす致命的なLoss

悩む前に体で反応 勇気あるものが持ちうる本能


駆け抜けろ時代を 未来へと進め 空気を吸って

振りほどけ恐れを 大地を踏みしめ歩き出そう


満たされぬ世界 塗りつぶして進め

キミ達の声が包み込んだ この場所からまた歩き出そう

(RAP:)

光り輝く空の向こう 突き抜けたいと思うなら進もう

猛然とただ立ち向かい続け 疲れたらここでひとやすみ

東へ西へ日々は流れ それぞれに何か表現し続け

頬をなでる風は涼しげ 今は目の前の敵を睨みつけろ


突き抜けろ空へ 両手をいっぱいに広げて行こう

蹴り飛ばせ不安を 今は目の前のドアを開けよう


雲の切れ間に見え隠れする未来

今奏でてる願いよ響きわたれ

駆け抜けろ時代を未来へといざ進め

突き抜けろ空へさあ両手を広げて

提供: うたまっぷ