歌詞

希望の鐘が鳴る朝に

THE ALFEE

作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦

凍える都会に一人

未来の姿が見えない

うずくまったまま

本当の心隠して


愚かなことは

目を伏せて何もしないこと

傷つくのを恐れ

大切な愛を見失う


暗闇を手探りで夜明け求め彷徨う

迷路のような毎日を抜け出す勇気が欲しい


いつまでも君でいるため

明日をあきらめてはいけない

変わらない君であるため

孤独に負けないで 自分に勝つために!


激しく燃えた恋も

穏やかな愛に変わるよ

見つめ合うよりも

同じ未来見つめたい


形あるものすべて

やがて消えてゆくものだから

触れ合って生きよう


今をその日その時代を


自由を奪われた鳥篭のような日々

時間の鎖その手で引き裂く力を持て


いつまでも君でいるため

未来に流されてはいけない

何処までも君であるため

孤独に負けないで 自分に勝つために!


負け続けた日々と泣き明かした夜を重ね

素直に生きることは傷つくことだと知る


今こそ希望の鐘が

鳴り響く朝に生まれ変わる

君だけの生き方がある

明日を勝ち抜いて行くために


いつまでも君でいるため

明日をあきらめてはいけない

変わらない君であるため

孤独に負けないで 自分に勝つために!

提供: うたまっぷ