歌詞

光の射す方へ

Mr.Children

作詞
KAZUTOSHI SAKURAI
作曲
KAZUTOSHI SAKURAI

蜘蛛の巣の様な高速の上

目的地へ5km 渋滞は続いてる

最近エアコンがいかれてきてる

ポンコツに座って 心拍数が増えた


社会人になって 重荷を背負って 思い知らされてらぁ

母親がいつか愚痴る様に言った

"夏休みのある小学校時代に帰りたい"


夕食に誘った女の

笑顔が下品で 酔いばかり回った

身振り手振りが大袈裟で

東洋人の顔して 西洋人のふりしてる


ストッキングを取って すっぽんぽんにしちゃえば 同じもんがついてんだ

面倒臭くなって 送るのもよして

独りきり情熱を振り回す バッティングセンター


僕らは夢見たあげく彷徨って

空振りしては骨折って リハビリしてんだ wow wow wow

いつの日か 君に届くならいいな

心に付けたプロペラ

時空を超えて 光の射す方へ


"電話してから来てちょうだい"って

慣れた言い回しで 合い鍵をくれんだ

マスコミが恐いから 結局は

貯金箱の中にそいつをしまった


誰を信用して 何に奮闘して この先歩けばいい?

デキレースでもって 勝敗がついたって

拍手を送るべき ウィナーは存在しない


僕らは夢見るあまり彷徨って

大海原で漂って さぶいぼたてんだ wow wow wow

もっとこの僕を愛して欲しいんだ

月夜に歌う虫けら

羽を開いて 光の射す方へ


散らかってる点を拾い集めて

真直ぐな線で結ぶ

闇を裂いて海を泳ぎ渡って

風となり大地を這う

限りあるまたとない永遠を探して

最短距離で駆け抜けるよ (光の射す方へ)


僕らは夢見たあげく彷徨って

空振りしては骨折って リハビリしてんだ

いつの日か 君に届くならいいな

心に付けたプロペラ

時空を超えて (光の射す方へ)


僕らは夢見るあまり彷徨って

大海原で漂って さぶいぼたてんだ

もっとこの僕を愛して欲しいんだ

月夜に歌う虫けら

羽を開いて 光の射す方へ


光の射す方へ 光の射す方へ

光の射す方へ 光の射す方へ

光の射す方へ 光の射す方へ…

提供: うたまっぷ