歌詞

MAD SKY

PIERROT

作詞
キリト
作曲
Pierrot

暴走する常識の狭間で 操られていることも知らずに

君は少し考えたふりして 予定通りの未来を選んでいく


耳を澄ましてごらん 胸の奥 悲鳴が聞こえてくる


大地を蹴る 鋼鉄の救世主は必要のない景色だけを消滅させる


監視された 箱庭の楽園で笑っていよう 出口の鍵が見つかるまで…


朱い雨は血を流す様にそっと 二人の肩優しく濡らすけれど


耳を澄ましてごらん とめどなく悲鳴が聞こえてくる


大地を蹴る 鋼鉄の救世主は思うままに人の群れを動揺させる


隔離された 箱庭の楽園で愛し合おう次の答えが見えるまで…


耳を澄ましてごらん 探していた答えが聞こえてくる


やがて僕は最後の鍵を解く 待ち焦がれた君を連れて次の舞台へ

何も言わず狂った空の下 腕の中で身を任せて眠っていて


君の瞳が再び開く時 新しい時代は訪れる

革命の鼓動と歌声を 裂けた鼓膜の隙間から脳髄に刻みつけて―――

提供: うたまっぷ