歌詞

DANG DANG

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

あなたにふさわしいのは私じゃないって

電話を切ったあとに思い切り泣いたあの日


だんだんとスピードをあげて走っていた

朝焼けの海辺を

DANG DANGとDANG DANG D・DANGと弾丸をぶち込んで

疲れたハートに


彼女は知らないなら友達になるわ

それしかあなたに会うチャンスはないもの今は


だんだんと哀しみよ高く押し寄せて

土用波のように

DANG DANGとDANG DANG D・DANGと派手に砕け散って

きのうをさらって


せまいこの町で顔を合わせ

交わす微笑みに胸を痛め

ああ少しづつ ああ少しづつ

何にも感じなくなってゆくのね


だんだんと哀しみよ高く押し寄せて

土用波のように

DANG DANGとDANG DANG D・DANGと派手に砕け散って

きのうをさらって

DANG DANGとDANG DANG D・DANGと弾丸をぶち込んで

疲れたハートに

提供: うたまっぷ