歌詞

数え足りない夜の足音(pele dubwise version 2)

UA

作詞
UA
作曲
朝本浩文

数え足りない夜の足音

溺れかけた人の波に逆らってく

憎まれ口ね

意味もない言葉が

やけに頭の中回る


腐りかけたフロアに

遅い影が絡まる

計らない厚いドア倒して

昨夜の味の仕業ね

笑い声が聴こえる

触れない邪魔な膜燃やした


数え足りない夜の足音

溺れかけた人の波に逆らってく

憎まれ口ね

意味もない言葉が

やけに頭の中回る


つぶれかけた体に

熱い海が広がる

解らない相談を交わして

まずい水を飲む前に

キツい煙草をちょうだい

終われない1秒を笑った


ふざけすぎてた夜の隙間に

貴方だけをずっと近くに感じてた

世話もないよね

絶え間ないリズムが

涙拭うヒマもくれない


ため息が重くて

光だけ見つめて

灯りなんか要らないよ

もう夜を止めないで


数え忘れた夜の足音

溺れかけた人の波に逆らってく

憎まれ口ね

意味もない言葉が

やけに頭の中回ってる


ふざけすぎてた夜の隙間に

貴方だけをずっと近くに感じてた

世話もないよね

絶え間ないリズムが

涙拭うヒマもくれない

提供: うたまっぷ