歌詞

からっぽ

ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治

何気ない様な顔して いつもと同じ様に笑ってた

今日の空みたいに青く澄んだ君の目が何か語りかけた


言葉はいつも奥の方から 後(うしろ)に虚しさ連れて教えてくれた

けれどこんなにもからっぽになったのに僕は歩きだした


どうにもならない歯痒(はがゆ)さが 一つづつゆっくりと僕の前で立ち止まる


だからその目で僕を見ないで悲しくなるから

多分君は僕の中にもう映らない


人を好きになる事 当り前の事なんだけど

僕がもう少しその事を知っていればこんな事にはならなかったのかもね


答えは今も見つからないまま 繰り返しの渦の中また一歩踏み出すよ


だからその目で僕を見ないで悲しくなるから

多分君は僕の中にもう映らない


忘れる事なんて出来ない僕が今日もここに居るから

君の影をいつもどこか探してる

提供: うたまっぷ