歌詞

夏の月

杏里

作詞
西尾佐栄子
作曲
ANRI

本を読んでも 眠れない夜 あなたの背中を見てた

重い硝子の 窓を開けたら 気持ちいい風が吹いた


いつからか 気がつけば 頬づえついて ぼんやりしている

古い灯台 白い波 光る海 何かを探すように


月だけが知っていた 私達のこの恋は

いま小さな花火みたいに

ひっそりと終わるの


ふたりよく来た 葉山の砂に 足跡残し歩いた

ボトルのままの冷えたミネラル おでこにつけて思った


優しさも 我が侭も 弱さも全部 わかって私は

あなたを愛し なにひとつ怖くない そんな自分怖くて


体の温もりに 変わらないこの暮らしに

甘えあってお互いが だめになってしまうのなら


別々に生きていく だれも知らない明日を

まだ私も知らない私

見つけだしてみたい


ふたりきりこのままで黙ったままで あの星 祈ろう

旅路のような長い夜 明けたとき 微笑みあえるように


時計を戻しても 悪いところ直しても

きっとふたり同じこと 繰り返してしまうのでしょう


夏の月が見ていた 私達のこの愛は

いま小さな花火みたいに

美しく心に


月だけが見ていた ふたりのこの恋を

提供: うたまっぷ