歌詞

ダイキライ

平家みちよ

作詞
牧穂エミ
作曲
はたけ

花火のきらめき

心に痛くて

居るはずない アナタ探し

夜空さまよってる


去年の夏には

二人で見たよね

ケンカしてた事も忘れ

口づけた砂浜


私より…

彼女の方が素直かしら?

留守電の携帯じゃ何も

教えてくれない


ダイキライ アナタナンカ

言えないくせに 逢いたいくせに

とまらないよ 恋心

涙 どこで 拭けばいいの?

抱きしめて


甘えてねだった

真っ白な手袋

過ぎた季節 刻み込んで

少し 汚れている


いつだって

アナタの匂い 感じていたくて

求めすぎて 大切な愛

傷つけていた


ダイキライ アナタナンカ

また強がり尖ってみる

泣いてばかり "らしく"ないと

言い聞かせて目を閉じても

眠れない


ダイキライ アナタナンカ

言えないくせに 逢いたいくせに


"ダイスキヨ"とつぶやいても

熱い風に かき消される

夏の嵐 お願いよ

悲しみだけ 洗い流して

想い出から

提供: うたまっぷ