歌詞

コバルト

國府田マリ子

作詞
八野英史
作曲
八野英史

日なたで白く 雪が春を告げていた

ゆっくりと世界が動き始めた 回り始めた


雲の切れ間に 真夏の水色の空

季節がめぐっても変わらないもの 壊れないもの


くちびるの端っこでキスをして

揺れる景色を見ている

僕らは蒼い風のようにね 風のようにね


爪先で蹴とばして進むから

世にも美しい場所へ

海さえ越える 鳥のようにね 鳥のようにね


クヌギ林の少年達の夢は果て

陽光がしみこんだシャツをなびかせ 髪をなびかせ


耳たぶをぶつけあって笑ったり

恋の深みを泳ぐよ

いつかは実る花のようにね 花のようにね


くちびるの端っこでキスをして

揺れる景色を見ている

僕らは蒼い風のようにね 風のようにね

提供: うたまっぷ