歌詞

Raining

Cocco

作詞
こっこ
作曲
こっこ

ママ譲りの赤毛を

2つに束ねて

みつあみ 揺れてた

なぜだったのだろうと

今も想うけれど

まだわからないよ


静かに席を立って

ハサミを握りしめて

おさげを切り落とした


それは とても晴れた日で

未来なんて いらないと想ってた

私は無力で

言葉を選べずに

帰り道のにおいだけ

優しかった

生きていける

そんな気がしていた


教室で誰かが笑ってた


それは とても晴れた日で


髪がなくて今度は

腕を切ってみた

切れるだけ切った

温かさを感じた

血にまみれた腕で

踊っていたんだ


あなたが もういなくて

そこには何もなくて

太陽 眩しかった


それは とても晴れた日で

泣くことさえできなくて あまりにも

大地は果てしなく

全ては美しく

白い服で遠くから

行列に並べずに少し歌ってた


今日みたく雨ならきっと泣けてた


それは とても晴れた日で

未来なんて いらないと想ってた

私は無力で

言葉を選べずに

帰り道のにおいだけ

優しかった

生きていける

そんな気がしていた


教室で誰かが笑ってた


それは とても晴れた日で

提供: うたまっぷ