歌詞

粉雪

CURIO

作詞
NOB
作曲
AJA

Ah- アスファルト濡らす 雨音が消え

空から雪が舞い降りた 僕の手のひらに


小さな明かりひとつで ときめいた夜

いとしい日々で 変わる景色

いつしか街 しめらす冷たい風

銀色に輝き 消える


いつの間にか この胸につきささる

トゲのように 深く残るだろう


Ah- 愛することさえ ままならぬ 僕は今も

ウソをつくことで すりぬける 日々

Ah- 君をなくした時に 初めて一人に

ふるえる自分を 思い知らされ


気持ちのすれ違いで わからなくなる

今以上 愛せるのかなんて…


君を濡らす 降りやまない雪のように

冷たいのは そぉ 僕の心


Ah- 両手をのばして 雲のかけらつかまえる

やみそうもない 白い粉雪

Ah- 街の明かりも 薄れていってゆっくり

朝が近づく 長い夜明ける


Ah- 君をなくした時に 初めて一人に

ふるえる自分を 思い知らされ


両手をのばして 雲のかけらつかまえる

やみそうもない 白い粉雪

Ah- アスファルト濡らす 雨音が消えても

まだ心のいたでは 今も消えぬまま

提供: うたまっぷ