歌詞

帰省

中森明菜

作詞
鈴康寛/atsuko
作曲
鈴康寛

深い眠りの中 今は遠いあなた

古い愛の歌を とぎれず唄ってた

絶望の淵でも 眠れぬ夜でも

その先の明日を信じ合えたはずなのに


雪を 雪を見たかった

真っ白な雪を 知らない二人


疲れを知らない 時間は駆け足

春と夏を過ぎて その先はない

輝いてたはずの 自由に迷うとき

都会の空の下 鳥は居場所なくしてた


叶わぬ夢 他の誰かじゃなく

今は背中 まだ見せないで

唄い続けてる限り 同じ道を歩いたあなたへ


このかすれた声消えるまで


Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人いる限り

せめて今を恥じないで 負けないで生きている だから

同じ夢過ごした日々を忘れない


今夜も眠れず 街は冷たい月

語り合った夢も ぬくもりもない

うつろう昨日は果てしない明日へ

抱きしめた体も凍えてゆくばかり


折れた翼 もとに戻せるなら

二人の夢も また変わるのに

追いかけて行くから いつも微笑んでいたあなたを

この曇った空 晴れるまで


Ah 遠く一人唄うの 雪が降る 誰もいないこの街で

過去じゃなく明日じゃなく 今を唄い続ける限り

その瞳 歩いた道を忘れない


Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人いる限り

せめて今を恥じないで 負けないで生きている だから

同じ夢過ごした日々を忘れない

提供: うたまっぷ