歌詞

風に吹かれて

JUDY AND MARY

作詞
YUKI
作曲
恩田快人

あなたに前もらった 詩集が失くなったの

後ろのページに挟んであった 私の似顔絵 よく似てて笑った

しゅんとして歩いてる 背中たたいてくれる

踏み潰されてるしぼんだ風船に 息を吹きかけてる


泣くことを諦めて 前も見えなくなって

電話も出ないで 風の音だけ聞いてたこともあったわ

夢中になりたいから 人を好きになるから

忘れてゆくもの 捨ててゆくもの 私が信じたもの


足跡を残して旅する 素敵な匂いのリズムは

ちぎれやすい心 つなぎとめる デコボコで暖かいの


変わってゆく私も 変わってく景色も

イタズラに時をすべって

もし生まれ変わって 違う私でも

永遠に 銀河の風に吹かれて…


強い瞳に憧れて 追いかけた

カラッポの胸が つらくって

夢のカケラ達 元気に出ておいで

どこまで 行こうかな?


失くした詩集を見つけたの 懐かしくてページめくる

まだあの絵が挟んでる気がして 本気で探しちゃった


変わってゆく私も 変わってく景色も

イタズラに時をすべって

もし生まれ変わって 違う私でも

永遠に 銀河の風に吹かれて…

提供: うたまっぷ