歌詞

1960'S GUN

THE WELLS

作詞
土山啓一/馬越秀生
作曲
土山啓一/馬越秀生

ぼくたちがうまれてきたのが1966

みんなおんなじ声をあげうまれてきたんだ

いつものくさりかけた街 ぼくは待ってる

今夜 何からはじめよう 1960'S GUN


まるで目隠しされた綱渡りのようさ

足元でうずまいてるよ ぼくらの涙が

かなしみがおもすぎて 歩けないこともある

だいじょうぶさ そんなこと よくある話さ


陽の光に 手をかざして 何を見よう

きっと ぼくらが望んでたことがおこりはじめる


すべてを変えることは危険すぎることだろ

つづけることばかりが安全とはいえない

君の泣顔だけは今夜みたくないから

ぼくたちは うたってる 叫んでる わめいてる


ぼくたちがうまれてきたのが1966

みんなおんなじ声をあげうまれてきたんだ

いちばん高いビルの上 ぼくは駆けあがり

あの星をつかむんだ 両手にもてるだけ


陽の光に 手をかざして 何を見よう

きっと ぼくらが望んでたことがおこりはじめる


Oh… Oh… 1960'S GUN

Oh… Oh… 1960'S GUN

Oh… Oh… 1960'S GUN

Oh… Oh… 1960'S GUN

Oh… Oh… 1960'S GUN

Oh… Oh… 1960'S GUN

1960'S GUN

提供: うたまっぷ