歌詞

winter fall

L'Arc~en~Ciel

作詞
hyde
作曲
ken

真白な時は風にさらわれて

新しい季節を運ぶ

こぼれだした手の平の雪は はかなくきらめいて


色づきはじめた街

気づけば乗り遅れたみたい

目を閉じた僕は冬の冷たさを

今でも暖かく感じている


雪原の大地に二人きりの吐息が舞う

つないだ指先に大切な気持ちをおぼえたよ


駆けだす世界に心奪われて

無邪気な瞳にゆれる

降りそそぐ雪は優しく笑顔包むから

僕は永遠を願った


彼女が見つめていた

窓辺に置かれたガラス細工

透明な雪の結晶の輝きを

思わせては切なく重なる


心の螺旋よりさまよい続ける僕に

過ちは突然目の前をふさいであざ笑う


真白な時は風にさらわれて

新しい季節を運ぶ

今も胸に降り積もる想い眺めては

見えないため息を浮かべた


そびえたつ空囲まれて ふるえる肩を癒せない

こごえる雲に覆われて 知らん顔でもえる太陽


静寂の彼方に汚れない君を見つめ

遅すぎた言葉はもう届かないね


魅せられ 駆けだす世界に心奪われて

無邪気な瞳にゆれる

降りそそぐ雪は優しく笑顔包むから

pieces of you pieces of you lie in me inches deep

真白な時に君はさらわれて

穏やかな日差しの中で

僕は失くした面影を探してしまうけど

春の訪れを待ってる

そびえたつ空囲まれて 知らん顔でもえる太陽

提供: うたまっぷ