歌詞

少年

黒夢

作詞
清春
作曲
清春

優しげなこの街ではモラルという手錠が

味気ないガム噛んでる僕の腕に掛けられそう

Oh Baby 人の群れが 同じ顔で 通り過ぎて行く…


無理してでも明日は不自由さを取り除きたい

急いでる姿を見て 世捨て人が馬鹿にした


Sunday 静かに無気力過ぎて笑えないから

Myself 手のひらを胸にあてた あの日


そう 微かにドアが開いた 僕はそこから抜け出すだろう

この狭い地下室では何か狂っている 狂っている

わずかな願いを握り締め 少年は信じてた

誰の声より誰の夢より逆らう事 逆らう事


認められない奴がしてた とても高価なネックチェーン

"少しも似合わないね"目を逸らして 撥ね除ける


Oneday 気怠くタバコの煙り吐き出していた

Someday 素直に想うままにしたい


そう 確かにドアが開いた 僕は振り返らないでいよう

この汚い楽園は心 無くしている 無くしている

わずかな戸惑い消す様に 少年は歌ってる

誰の真似より誰の言葉より疑う事 疑う事


そう 微かにドアが開いた 僕はそこから抜け出すだろう

この狭い地下室では何か狂っている 狂っている

わずかな祈りを繰り返し 少年は信じてる

誰の声より誰の夢より 逆らう事 逆らう事

逆らう事 逆らう事 Boy!


少年は信じてた 少年は夢見てる 少年は歌ってる

いつまでも歌ってる いつまでも いつまでも いつまでも いつまでも いつまでも

提供: うたまっぷ