歌詞

au revoir

MALICE MIZER

作詞
Gackt
作曲
Mana

いつも二人分の響く足音が続いてた道で

枯れ果ててしまった街路樹達が

大きくなった歩幅を気付かせた


肩にすれ違う小さな落ち葉がまた空に戻って

そんな吹き荒ぶ風さえも今はなぜか愛しくて

そっと微笑んでいた


窓辺にもたれる見なれた姿が

陰る陽射に映し出されて消える

あふれる想いにつぶやいた言葉は

"せめて夢が覚めるまで"


もっと

あなたを抱きしめ眠りたい

優しい記憶に変わった今でさえも

この腕で抱きしめ眠りたい

出会った頃の二人のように


窓辺にもたれてざわめく並木に

そっとつぶやく同じ言葉をもう一度

あの時の姿が見えなくなっても

せめて夢の中だけは


もっと

あなたを抱きしめ眠りたい

優しい記憶に変わった今でさえも

この腕で抱きしめ眠りたい

出会った頃のあの日のままの

二人のように


あなたを抱きしめ眠りたい


この腕で抱きしめ眠りたい


あなたを抱きしめ眠りたい


この腕で抱きしめ眠りたい

提供: うたまっぷ