歌詞

ライスカレー

海援隊

作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣

お風呂あがりに 夜空見上げて 濡れた髪をふく

ひとり帰って 来た故郷に 秋風吹いて

台所から ひびく水音 懐かしい カレーのにおい

"すませてきた"と 言ってもきかず 母の背中がジャガイモ刻む

生まれた家は 座る場所さえ 12の時のそのまんま

生まれた家は 星空の下 明り灯して ライスカレー


たたみに座れば 母が差し出すコップの水と銀のさじ

ジャガイモだらけの ライスカレー 子供の頃に

帰りが遅いと 父にしかられ 部屋の隅 泣いても食べた

私がすぐに泣き止むように 母はあの日と同じ笑顔

生まれた家は 座る場所さえ 12の時のそのまんま

生まれた家は 星空の下 明り灯して ライスカレー


もうすぐ50になる私なのに カレー食べる横顔を

78の母が見つめる 微笑みながら

今夜は二人で枕並べて 眠ろう同じ闇を見て

歳をとるのも悪くはないね 照れずに言えます"長生きしろよ"

生まれた家は 時が止まって 12の時のそのまんま

生まれた家は 星空の下 明り消してもカレーのにおい

天の川から 星が流れる 音が聞こえる秋の夜

提供: うたまっぷ