歌詞

THE SCENT

La'cryma Christi

作詞
TAKA
作曲
HIRO

北へ向かう 船の窓辺にもたれて

海を見続けていた

すり抜けてく 鉛色の空だけが

このBARを見送って


どこまで行ければ温りに逢える

わずかな香りは静かに想い出を語る


はじめて過ごした朝が 白夜の鳥カゴの中で

廻り続けているよ

あなたの仕草が見たい 揺らめく声と共に泣く

吐息を感じて


微かなため息 記憶の中から

あなたの香りを静かに探し求めてた


はじめて過ごした朝が 白夜の鳥カゴの中で

廻り続けているよ

あなたの仕草が見たい 揺らめく声と共に泣く

吐息を感じて


全ての愛のことばは あなたへ渡した指輪に

刻んであるのに


波はうねり 深い瞑想を忘れ

泳ぎ続けているよ Wow…

どこまで行ければあなたを愛することが出来るの

いつか…

提供: うたまっぷ