歌詞

裸足で行かざるを得ない

eastern youth

作詞
吉野寿
作曲
吉野寿

遍く照らし出す光へ

渋々歩み行く毎日へ

嬉しかれ悲しかれ道すがら

声高く歌はある

誰にでも


朝を告げるベルの鳴る頃は

夢は海の底に沈み行く


Ah 孤立無援の花 咲くばかり 咲くばかり

明日の在りや無しや 知るものか 知るものか


そぼ降る雨に濡れ帰り道

"過ぎ去りし夢だよ"と気取るなよ

その命 燃ゆるなら何時の日も

声高く歌はある

誰にでも


五時の鐘の音が鳴る頃は

夕闇に心を解き放つ


Ah 孤立無援の花 咲くばかり 咲くばかり

明日の在りや無しや 知るものか 知るものか


そして何時の間にか消えていて

氷細工の様に脆過ぎて


Ah 孤立無援の花 咲くばかり 咲くばかり

明日の在りや無しや 知るものか 知るものか


Ah… Ah… Ah… Ah…

提供: うたまっぷ