歌詞

ひまわり

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

北へ南へ東へ西へ

人は流れ流れて河川を下る

北へ南へ東へ西へ

たどり着くまでに太陽が笑う


もしも私が風ならば

真夏の空へひまわりを咲かせたい

そんな風になり種を運ぼうよ

一人ぼっちの小さな土の上


見上げる空からしあわせが降る

しあわせはやがて水になってくれるだろう


北へ南へ東へ西へ

人は流れ流れて河川を下る

北へ南へ東へ西へ

たどり着くまでに太陽が笑う


もしも私が土ならば

真夏の大地であの風を待ちたい

たとえ飢え渇きひび割れても

一人ぼっちの小さな土でいい


見上げる空にはひまわりが咲き

ひまわりはやがて土に抱かれ眠る


北へ南へ東へ西へ

人は流れ流れて河川を下る

北へ南へ東へ西へ

たどり着くまでに太陽が笑う


北へ南へ東へ西へ

人は流れ流れて河川を下る

北へ南へ東へ西へ

たどり着くまでに太陽が笑う

提供: うたまっぷ