歌詞

交叉点

薬師丸ひろ子

作詞
阿久悠
作曲
玉置浩二

運命と感じることが

いくたびとあったでしょう

何気ない出来事なのに

特別に思う

そう あれが そうよ


微笑みのあとに

哀しみが来るなど

いつ 誰が 思うでしょう

しあわせなのに


淋しさの時に

また笑うあしたを

なぜ思えないの

巡り来るのに


ずいぶん すてきな人と

すれ違い めぐり逢っても

吹きぬける風と同じに

やり過ごすばかり

そう あれが そうなの


でも 私はまた

たたずむ交叉点に


誰かのいたずらなのか

運命が近づいて来る

行き過ぎることもあるけど

立ち止まることも

そう あれが そうなの


ひたむきに生きて

ただ夢を見つづけ

その人にだけに

起こるいたずら

起こるいたずら

提供: うたまっぷ