歌詞

空を飛ぶ船

VANILLA

作詞
中山加奈子
作曲
野山昭雄

ママが泣いても止められないよ あいつとふたり生きてゆくから

プレハブの横の公衆電話 受話器置いたら走り出してた


子犬のように じゃれあって せまいベッドで眠る そんな毎日


忘れてしまえ 何もかもあれは恋じゃなくて 優しさと慰めを 間違えただけ


幼い頃見た絵本のように あいつと結ばれるはずだった


ガラス細工の船に乗り 飛ぼうとしたふたりは 死んでいったよ 別の場所で


昔のはなし 何もかも 誰にでもあるような 翼が開く時期の ただのかすり傷

振り向いて 泣くなんて 子供じゃないくせに 遠く離れた今 なぜ悲しがるの

思いきり 夢を見て 目が覚めただけだよ 残酷で眩しい 記憶

提供: うたまっぷ