歌詞

甘い運命

UA

作詞
UA
作曲
朝本浩文

はしゃいだ足跡を並べた影が揺れる

さっきの耳慣れないセリフ 繰り返した

頼りない坂道 燃え上がる夕暮れ

世界が切なすぎた日に


乾いたくるぶしだけ撫でて息を止めた

歪んだ背骨まで 小指を滑らせてた

生ぬるい空気は 2人だけの体温

見つけて 交じりあったから


重ね合う唇に愛がこぼれる

淡い花びら 肩につもる

絡み合う まなざしは 夜空を超えて

生まれたての 月を照らす


2人のまばたきさえ熱い時は過ぎて

無闇に夢に見てた花も咲き乱れて

見つめてく勇気と惜しみない口づけ

心が止まる その日まで


愛し合う喜びに涙こぼれる

甘い運命に溺れましょう

求め合うひたむきは炎より熱く

遠い未来の星に変わる


夜露に身を濡らして

朝日に胸焦がして

あてのない風の日も

2人の旅路は続くよ


重ね合う唇に愛がこぼれる

淡い花びら 肩につもる

絡み合う まなざしは 夜空を超えて

生まれたての 月を照らす


愛し合う喜びに涙こぼれる

甘い運命に溺れましょう

2人の愛は虹を越えて

提供: うたまっぷ