歌詞

ID

ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

かるく麻酔を打たれたくらいの速さで

僕の夢は深い場所を抜けて行く


心理ゲームのような景色に放り込まれたようだ

街はどこも罠をかけてるようだった


通りを映すミラーの中では

自分の顔が少し食い違ってる

腕の時計も リズムを無くしかけてる


ここの景色じゃ匿名希望の人達が溢れ

時間ばかりが女の肩を

滑り落ちた肌着のように乱れ進んでる


異邦人を誘う 子供の手に引かれてみる

ひとつも迷わず君の手に任せてみる


ほらたくさんのいろんな人達が

今日もミスジャッジで あんなにもめているよと

夜明け近くで 子供が笑いかける


ここの景色じゃ匿名希望の人達が溢れ

人を愛することでさえも

ときには生きる弱みに変えてしまってるらしい


間違えたように囁いてみる

愛の言葉を 呟いてみる


ここの景色じゃ匿名希望の人達が溢れ

馴染めないまま川を渡る

僕の背中を不思議な顔で朝に帰した

提供: うたまっぷ