歌詞

誓い

徳永英明

作詞
篠原仁志
作曲
徳永英明

はしゃぎすぎてた 季節が去って

君は誰より 綺麗になった

眩しすぎる 微笑みに

涙 隠して


二人はいつも 一緒だねって

無邪気に恋を 確かめあった

あの頃には 二人もう

帰れなくなったけど


花びらの舞う 空の下を

歩き出した 君は

出会いと別れ 胸に綴じて

いつか優しさに 逢えるから


君の事しか 愛せない

ひと言が そう言えずにいても

胸に溢れる 切なさが

二人をつなぐ 確かな絆さ


逢えなくなると 悲しいねって

夢を灯して 抱き締めあった

数え切れぬ 思い出を

二人 重ねてきたよ


いくつもの交差点 迷いながら

君と 歩いてきた

夢の足跡 たどりながら

愛が旅立つよ あの空へ


もう君の事 離さない

すべてが遠い 過去に消えても

瞳に光る 一粒の

涙が二人 誓いの言葉さ


君の事しか 愛せない

すべてが遠い 過去に消えても

瞳に光る 一粒の

涙が二人 変わらぬ愛の

誓いの言葉さ


君の事しか 愛せない

心に抱いた 誓いの言葉さ

提供: うたまっぷ