歌詞

PAMELAH

作詞
水原由貴
作曲
小澤正澄

心の中まで冷たくなりそうな夜の都会

何をすればいいのか分からないまま毎日が過ぎてくよ

私だって本当は誰かのために生きてみたい

でも器用になれない うまくやれない


かじかんだ両手に息をかけて

擦れ違う人達の波に紛れ歩き続けてた


ふと空を見上げると もう1人の私がいる

もっと強くなりなと濡れた頬を叩く

泣いてなんかないよ…


うれしいとかたのしいとか無邪気に笑えなくて

いちばん大切な人の気持ちに傷を付けてしまった

走り過ぎる車のヘッドライトは意地悪に

ひとりぼっちの影 映してゆくよ


自動販売機のコーヒーじゃなく

肌のぬくもりで凍えた身体を暖めて欲しい


こんな気持ちのままじゃ誰にも必要とされない

自分が変わらなくちゃ何も始まらない

やっと気がついたよ


ふと空を見上げると もう1人の私がいる

もっと素直になれと濡れた頬を叩く


こんな気持ちのままじゃ誰にも必要とされない

自分が変わらなくちゃ何も変わらないね

涙はもういらない

提供: うたまっぷ