歌詞

a Boy ~ずっと忘れない~

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO

たった独りの戦いを今でも誇りに思うよ

夢見る全て かなえようと wow LONELY WAR

憤りの砂を噛み wow 空しさを抱いて寝る Everyday wow Everynight


脇目もふらず駆け抜け 青春って奴を捧げたけど

ふいに理由もなく恐くなる wow LONELY BLUES

電話の声の君はいつも安らぎに満ちていて 一時の温もりを与えてくれる


お前の心 孤独と背中合わせて 失くしてた自分の 1/2を求めてく


華やかな街を通り抜け路地裏の片隅で

したたかに産まれ生きてく 子猫の様に

ビルの風 欲望の渦 踊りながら すり抜けてゆくよ

口笛を吹きながら


これでも ちっぽけなプライドを抱えながら暮らしてる

現実の辛さ ハカリにかけて wow バランスを

取ろうとする そんな夜は wow 自分を 見失うんだ

愛をなぞる言葉さえ 忘れてゆく wow

wow wow wow

時が過ぎても あの笑顔を忘れない たとえ土に還る事が人間の宿命だって


愛すれば愛するほどに切なさが募って

会えない夜が やけに 身悶えるけど

もしも 涙 こらえきれず こぼれそうなそんな時には この詩を


華やかな街を 通り抜け路地裏の片隅で

したたかに産まれ生きてく 子猫の様に

ビルの風 欲望の渦 踊りながら すり抜けてく 歩いてゆくよ

口笛を吹きながら

提供: うたまっぷ