歌詞

素顔で笑っていたい

DEEN

作詞
池森秀一
作曲
織田哲郎

めまぐるしい日々 追われて迷っても

移る季節に 流されたくない


だれもいない夜明けの歩道で

あふれる話に夢中になってた

瞬間が止まるよう ただ願った


素顔で笑っていたい 喜ぶ君を見てたい

心に嘘つかなきゃいけない時代だから

思い通りに生きることは 難しいけど

君だけは悲しみから守るよ


そんなに急いで 何を探してるの?

窓に映る自分もくすんでた


気づかぬまに君を傷つけて

仕事を言い訳にしてた

大事なものは 近くにあるはずなのに


素顔で笑っていたい ぬくもり感じてたい

今はまだ 居場所が見つからないけれど

ゆっくりでもいいさ もう何も迷わないで

歩きだそう ありのままのふたりで


素顔で笑っていたい 喜ぶ君を見てたい

心に嘘つかなきゃいけない時代だから

思い通りに生きることは 難しいけど

君だけは悲しみから守るよ

提供: うたまっぷ