歌詞

夢の中まで

赤松英弘

作詞
赤松英弘/真間稜
作曲
赤松英弘

夢の中までキミと 笑いあいたい感じあいたい

瞳にうつる笑顔 探してる いつまでも


朝陽ゆらす毛布からのぞく

キミの素足まぶしくて困る

最初は軽い気持ちでいたのに

ふきとんだよ目覚めた その時から


甘い吐息を 絡ませた後でも

まっすぐな瞳で見つめるから

頬つまんで 怒らせた


だけど 夢の中までキミと 笑いあいたい感じあいたい

瞳にうつる笑顔 探してる いつまでも(いつまでも)

夢がさめてもキミと 愛しあいたい信じあいたい

うららかな日ざしの中 いつまでも

見つめていようよ


昔を知る友達はきっと

あきれるだろう うかれた今の僕に


自分の中に 眠ってた素直さ

キミはそのくちづけで 目覚めさせた

会うたびに ひかれてく


だから 夢の中までキミと 笑いあいたい感じあいたい

不思議なくらい欲しい この気持 とまらない(とまらない)

夢がさめてもキミと 愛しあいたい信じあいたい

予感もなくこの胸が あふれてゆく

キミの微笑みで


長い夢がさめた時 もしも隣にキミがいないなら

世界中の輝きは 色あせてしまうだろう Nonono…

夢がさめてもキミと 愛しあいたい信じあいたい

うららかな日ざしの中 いつまでも

見つめていようよ

提供: うたまっぷ