歌詞

第七高等学校記念祭歌

第七高等学校

作詞
梁田勝三郎
作曲
須川政太郎

北辰斜にさす所

大えいの水洋々乎

春花かおる神州の

正気はこもる白鶴城

芳英とわに朽ちせねば

歴史もふりぬ四百年


紫さむる黎明の

静けき波に星かぞえ

荒涼の気に咽ぶとき

微吟消え行く薩摩潟

不屈の色もおごそかに

東火をはく桜島


南の翼この郷に

三年とどまる鵬の影

行途は万里雲わきて

雄図もゆる天つ日や

かどでの昔叫びにし

理想の空に長駆せん


ああ若き日の光栄は

ことし十四の記念祭

祝うもうれし向上の

旅の衣にちりかかる

楠の下露清らけく

今日南明の 秋にして

提供: うたまっぷ