歌詞

第三高等学校逍遥の歌

第三高等学校

作詞
沢村胡夷
作曲
沢村胡夷

紅萌ゆる岡の花

早緑匂う岸の色

都の花に嘯けば

月こそかかれ吉田山


緑の夏の芝露に

残れる星を仰ぐ時

希望は高く溢れつつ

我等が胸に湧き返る


千載秋の水清く

銀漢空にさゆる時

通える夢は崑崙の

高嶺の此方ゴビの原


ラインの城やアルペンの

谷間の氷雨なだれ雪

夕は辿る北溟の

日の影暗き冬の波

提供: うたまっぷ